単身の高齢者を外に引っ張り出そうと、いろいろな取り組みがなされていますが、出てこない人は出てきません(私も、そういう老人になると思います)。単身高齢者が多いエリアに目星をつけ、定期的な安否確認をしようにも、人手不足でこちらもなかなかうまくいかない。
社会の変化に伴い、人と人とのつながりは「アナログ」から「デジタル」に移行しています。今の高齢者の不幸は、こうした変化の過渡期にいることです。リアルな付き合いが減っている(孤族化)にもかかわらず、それを補うデジタルな交流の術も持ち合わせていない。孤独死は、こういう状況の所産であるともいえます。
ごみ屋敷

 それゆえに人為的な働きかけが求められるのですが、まずなすべきは、ITによる安否確認のネットワークを構築することではないでしょうか。このような実践のケースがすでにあるのなら、その成果がどういうものかを知りたく思います。

遺品整理・除菌消臭・特殊清掃などお気軽にお問合せ下さい。
【お問合せ先】電話0120-594-927 
遺品整理・特殊清掃 HP:/ 
生活支援サービス HP:http://www.oh-sigotonin.jp/
【対応地域】:福岡県全域・佐賀県全域・大分県全域・熊本県北部(離島除く)
【主な活動地域】
福岡県小郡市・福岡県福岡市・福岡県久留米市・福岡県筑紫野市
福岡県太宰府市・福岡県大牟田市・福岡県大野城市・福岡県春日市・福岡県朝倉市など…

お問合せはこちらから