遺品整理士のミタ

日頃からのコミュニケーションが大切

遺品整理は遺品として形見や財産の一部を受け継ぐことでもあります。 親御さんや身内の方が元気なうちにご相談されておくのがいいでしょう。 日頃から電話や訪問などでコミュニケーションをとっておくことで万一のことがあった後に困る …続きを読む

受け取る側への意思表示

遺品を遺して旅立ってしまう立場にある場合、遺される家族のために整理についての遺志を伝えたり、贈与契約書等の書面に遺したりすることが大切です。 贈与契約書の作成は公正役場、弁護士、行政書士に相談することをお勧めします。 遺 …続きを読む

エンディングノートの活用

エンディングノートとは人生の最終章を迎えるにあたり、ご自身の思いや死後の希望を遺された家族が困らないように想いを伝えるためのノートです。 他界した後「葬式」「書類の場所」「家財道具の整理」など生前に話し合ってないと遺され …続きを読む

空き家を放置していると・・・

一軒家に限らずマンションの場合でも空き家のままにしておくと様々なリスクが発生してしまい、ご近所に迷惑をかける事にもなりかねません。 塀が崩れそう、倒壊しそう、不審者が出入りしている、放火、景観上見苦しい、異臭、大量の虫が …続きを読む

早く決断して動く

日々の仕事や家事に追われていると時間や費用を用立てるのも大変ですが遺された人が決断して動かないと片づけるべき家は片づけることはできません。 賃貸の場合は家賃や光熱費等の問題もあります。 遺品整理は供養に繋がると心得て早め …続きを読む

先ずはゴールを設定

家の片づけをすると決まっても、大量にある家財道具を処分するのは大仕事です。 なかなか手を付けられないでいるとただ時間だけが過ぎてしまい無駄な経費もかかります。 遺品整理・除菌消臭・特殊清掃などお気軽にお問合せ下さい。 【 …続きを読む

トータルで考えプロに頼ってみるのも手

遅かれ早かれ片づける可能性があるなら早めに相談して処分方法を決めたほうが良いでしょう。 時間がない中で急いで対応すると大切なものを紛失したり処分費用も高額になることもあります。 遺品整理・除菌消臭・特殊清掃などお気軽にお …続きを読む

納得いく方法で片づける。

最初は残された家族で遺品整理をする予定でしたが、なかなか片付かず1年以上経って遺品整理士のいる業者に依頼。 作業は1日で済んだため、もっと早く依頼すればよかったという声はよく聞きます。 遺品整理・除菌消臭・特殊清掃などお …続きを読む

空き家にするリスク

親が暮らす家から離れていて片づけられない 近くても片づけする人員や時間を作れない 急いで片づける必要があるなどの場合は業者に依頼するという方法もあります。 遺品整理・除菌消臭・特殊清掃などお気軽にお問合せ下さい。 【お問 …続きを読む

形見分けは葬礼の慣習のひとつです。

高級な貴金属や腕時計、美術品などは関係者で形見分けするといいでしょう。 なるべく親類縁者の関係者全員が揃った場を設けると調整しやすく合意も得やすくなります。 遺品整理・除菌消臭・特殊清掃などお気軽にお問合せ下さい。 【お …続きを読む