遺品整理士のミタ

不適切な処分は法律違反です。

不要なものはごみとして処分することになりますがその種類によって処分方法が異なります。 パソコンや家電製品は特別な回収方法が決められているので事前確認しましょう。 また、一番大事な事はその地域の許可業者に収集を依頼すること …続きを読む

ごみの出し方を確認してご近所トラブルを避ける

家の人のものならきちんと処分片づけは大量の不要品が出ますが捨てるからと言ってぞんざいに扱わずルールに沿って処分しましょう。 他界した人のものなら、きちんと処分することは供養にもなります。 遺品整理・除菌消臭・特殊清掃など …続きを読む

貴重品は関係者に確認して処分方法を決める

指輪などの宝飾品や貴金属といった高額なものは相続の対象になる可能性もあるので最初に見つけましょう。 故人の性格や生活を推測することが探し出す重要なポイントとなります。 遺品整理・除菌消臭・特殊清掃などお気軽にお問合せ下さ …続きを読む

大切なものを確保してから片づける

現金や通帳、印鑑、保険証書、不動産の権利書などを確保するのが大切です。 相続や手続きに必要な重要書類もありますので間違って処分しないように気を付けましょう。 遺品整理・除菌消臭・特殊清掃などお気軽にお問合せ下さい。 【お …続きを読む

引き取って使いたいものだけを残す。

家の片づけ前に下見をしたら、家財道具などを「必要なもの」「不要なもの」に仕分けしましょう。 すぐに決められない場合は「保留」として一段落してから判断するといいでしょう。 遺品整理・除菌消臭・特殊清掃などお気軽にお問合せ下 …続きを読む

関係者全員で下見してトラブル回避

片づける家には何があるのか状況を把握するために先ずは関係者で下見をして現状を確認しましょう。 そのとき残すもの、処分するものなどの目星を付けておくといいでしょう。 遺品整理・除菌消臭・特殊清掃などお気軽にお問合せ下さい。 …続きを読む

片づけ終わるゴールを設定!

家の片づけは想像以上の大仕事なのでゴールや役割分担が決まらないと後回しになり長期化します。 急がない場合でも、いつ、誰が何をやるのかスケジュールを立ててみてはいかがですか。 片づけは労力と時間のほかにも費用がかかります。 …続きを読む

片づけは突然始まることもある

突然の病気や事故で親御さん等が他界することがないとは言えません。 日々の暮らしの中で貴重品の保管場所や家の処分方法の確認などを話し合ったり、メモを取るようにしておくといざという時に役立ちます。 遺品整理・除菌消臭・特殊清 …続きを読む

片づけの第一歩はやる事を把握することから

「片づけ準備としてやることを書き出す」 まずは思いつくままにやることをリストに書き出しましょう。 また、それを書き込むノートを準備しておくと便利です。 必要な情報をひとまとめにすると作業もはかどります。 遺品整理・除菌消 …続きを読む

判断に迷った時は・・・

故人との関係が深ければ深いほど、遺品整理はつらいものです。 理屈では、「捨てるもの」「残すもの」に分けなければとわかっていても、ひとつひとつ手に取っているうちに、どれも捨てられなくなってしまいます。 どうしても、捨てよう …続きを読む