遺品整理士のミタ

終活・・・

誰もがやがて訪れる死というものに向き合わなければなりません。 死=恐怖という感覚は、誰もが持っているかもしれませんし、それは当然です。 ただ、いずれやってくる死の前に、何をやれるか、何をやりたいか、これを考えることで、死 …続きを読む

一口に「遺品整理業者」といっても…?

遺品整理業者は、現在、公的な資格制度などがあるものではないので、ほとんどの業者さんは、「遺品整理業【も】やっています」という状態で営業しています。 引っ越し業、便利屋、葬儀屋、廃棄物業者など様々ですが根本的に遺品整理を行 …続きを読む

新年のご挨拶!

新年あけましておめでとうございます! 旧年中は多くのお客様に遺品整理を通じて学ばせて頂きました。 本年もお客様にありがとうと言って頂けるようなサービスを提供してまいります。 今年もよろしくお願い致します。 遺品整理・除菌 …続きを読む

あふれるものは、「捨てる」作業が必須

60年以上生きてこられて、ものはそれなりに増えていることでしょう。引き出物でもらった食器、着なくなった服…思い出はあるでしょうが、ここでビシッと捨てることが必要です。なぜなら、そんなものを残されたら、家族はその処分に頭を …続きを読む

生前整理は残された人生を身軽に生きるためのものでもある

生前整理によって、本当に今の自分に必要なものだけがある家の中で暮らしてみませんか。そうすれば、さらに前向きに人生を送ることができるはずです。重苦しい不用品などがなくなった部屋で、自分が好きなものだけに囲まれて暮らす…きっ …続きを読む

残された家族が苦労しないための生前整理

もしあなたが高齢で一人暮らしの場合、亡くなった後にご自身の遺品を整理してくれる人はいるでしょうか。もしいない場合、生前整理で、身の回りのものや財産にかかわるものを、今のうちに片付けておくことが必要です。また、一人暮らしで …続きを読む

遺品整理見積り時のチェック項目

□ホームページの内容はわかりやすいか □遺族への思いやりを言葉の端に感じるか □迅速な対応をしてくれたか □見積もり来訪時、身だしなみはきちんとしていたか □会社の制服があるか □パンフレットやチラシに仕事の流れが書いて …続きを読む

悪徳業者の手段

いわゆる悪徳業者は、最初は低く見積もっておいて、後から『予想以上にゴミがあった』『見積もり以外のことを当日急に頼まれた』などといって、2~3倍の値段をふっかけてきます。故人の自転車や盆栽などを処分する代金として、あたり前 …続きを読む

トラブルを防ぐには・・・

特定の地域で長く事業を営んでいる実績があり、地元での評判が良いなら良質な業者を見つける目安となります。実際に利用して良かったという知人からの紹介があれば、安心できる業者の候補と考えて良いでしょう。また、国民生活センターで …続きを読む

トラブルを防ぐには・・・

不正なキャンセル料金を請求されたときは、申込時に聞かされていないことを、毅然と主張しなければなりません。 また、トラブルを回避するために重要なことは、信頼できる業者を選ぶことです。インターネット上には多くの業者が見つけら …続きを読む