いつもご覧いただきありがとうございます。
遺品整理士の堀川です。

今回は前回書かせていただいた遠方のお墓の引き継ぎについて書きたいと思います。

2.近くにお墓を建て2つお墓を持つ(分骨)
分骨は古いお墓から遺骨の一部を新しいお墓に移動します。お墓を撤去する費用や書類の手続きも少ないので新しくお墓を購入する費用だけで済みます。お墓は2つなので維持費は2倍かかりますが、何時間もかけてお参りに行くために家族の予定を合わせる必要はなくなります。また、今までお参りするのにかかっていた交通費もうきますので年間の維持コストとしては同じくらいかもしれません。また、お墓参りや掃除を代行業者に依頼することも出来るので年に一度は依頼しても良いかもしれません。

3.2つのお墓を後々1つにする(分骨後改葬)
改葬では最初に掛かる費用が高くなるため、はじめは分骨したお墓を2つ管理します。費用は新しいお墓の金額と何年間かは維持費が2倍かかりますが、「分骨」と「改葬」を2回に分けてお墓を整理出来るので時間の面ではゆとりを持って対応が出来ます。数年は新しいお墓でお参りして慣れてから古い方のお墓を現地で撤去し遺骨を改葬します。残っている遺骨は現地で永代供養してもらっても良いかもしれません。

お問合せはこちらから

今すぐお電話!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。