遺品整理士のミタ

ごみを溜めないことが難しくなる現代

遺品整理士はミタの記事をご覧いただきありがとうございます。 遺品整理士の堀川です。 現代は片づけをするよりも、ごみを溜めるほうが圧倒的に簡単な時代になってきています。 そのため、「汚部屋」や「ごみ屋敷」という言葉が大きな …続きを読む

その遺品整理業者は違反していませんか?

  意外に知らない処分のルール 遺品整理の行うことにおいてネックの一つが、整理の中でどうしても多く出てしまうご不用品の処分方法です。 遺品整理の際に出るご不用品もそうですが、家庭から普段排出される廃棄物は家庭系 …続きを読む

実家の整理と片付けとは、「自分の生前整理」でもある

あまり意識されていないことかもしれませんが、両親の死去や施設転入などにより実家を整理する必要が出てきた場合、 その片付け作業は「自分の生前整理」でもあります。 どういうことかというと、実家に残っている自分の持ち物の片付け …続きを読む

両親の交友関係、どのくらい知っていますか?

先日、親戚に不幸があって法事のため帰省した社員がおりました。 週末を使っての急な帰省だったことでとても疲れたと言っていましたが、話を聞いていた中で興味深かったことが1つ。 葬儀に際して、故人の息子さんが「死去の事実をどん …続きを読む

放置し続けた実家の行く末は空き家。

悲しいことですが紛れもない真実です。 仕事が忙しくて、家族の問題があって、自身の趣味の時間も必要で… 親や実家のために使う時間を後回し後回しにし続けた結果が生むのは、「思い出のある実家」が「誰もいない空き家」に変わり果て …続きを読む

法に触れずに心に触れる遺品整理~靴磨き~

蒲原です。 今回も、私の印象に残っている遺品整理業務をご紹介します。   県内からのご依頼者 福岡県内にお住まいの方から、同じく県内にあるご実家の整理のご依頼を受けたときのことです。 お父様はすでに他界され、お …続きを読む

故人との思い出も確執も、私たちに教えてください

遺品整理のご相談をいただいた時には、できるだけ色々なお話を伺えるようにこちらからたくさん質問させていただくようにしています。 それはもちろんお見積りのためというのもあるのですが、故人がどんな人だったのかというのを少しでも …続きを読む

実家の片付け、その辛さと難しさ

実家の片付けとは、おそらくどんな人にもいずれ訪れる事柄の一つであるでしょう。 今はまだ、時間もないし忙しいし、そのうちじっくりとやっていけばいいだろうと考えている方も多いと思います。 しかし私たちの経験から言えば、そうし …続きを読む

遺品整理をすることで気持ちが落ち着くこともあります

キッチンにずっと故人がいるかのように感じていたのが、遺品整理をしたことでその感覚が解消されたというご遺族がいらっしゃいました。 故人はとても料理好きだったらしく、キッチンは故人がいつも使っていた状態のまま、その人も日々使 …続きを読む

特殊清掃―ご遺族の心と故人の魂に寄り添えるように

こんにちは堀川です。 今回は特殊清掃のサービスをおこなうにあたって、私がいつも思っていることを書きます。   「死」は誰にでも平等に訪れるものという言葉があります。 ただそれがいつなのかは誰にもわかりません。 …続きを読む

今すぐお電話!