ご覧いただきありがとうございます。
遺品整理士の堀川と申します。

「葬儀」をテーマにした記事書かせていただいていますが、
今回は仏式・神式・キリスト教式の葬儀の中の一つ「神式」の葬儀のマナーについてです。

 

神式葬儀

通夜祭

神式では、仏式の通夜にあたる「通夜祭」が行われます。神道では、死をけがれとしているため、通夜祭は神社ではなく、自宅か斎場で行われます。
通夜祭では、式の前に参列者は「手水(ちょうず)の儀」を行い、身を清める為、手水で手を洗い口をすすぎます。
斎主(神職)による「祭詞奏上(さいしそうじょう)」、仏式の焼香にあたる「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」などの儀式があり、玉串奉奠は斎主→喪主→遺族→親族→参列者の順に行われます。
つづいて、故人の霊を霊璽(れいじ)に移す(※仏式の位牌にあたる)「遷霊祭(せんれいさい)」が行われ、この儀式によって故人の霊は一家の守護神になるとされています。
通夜祭の後は、仏式の通夜ぶるまいにあたる「直会(なおらい)」が設けられます。手水の作法は神社の手水舎で行うこととほとんど同じで、左手を洗う⇒右手を洗う⇒左手に水を受け口を漱ぐ⇒左手を漱ぐですが、柄杓の柄を洗う必要はありません。
 

葬場祭

神式では、仏式の葬儀にあたる「葬場祭」が行われます。葬場祭とは、死のけがれを清め、死者を神として祀る儀式です。
通夜祭と同様に、手水の儀から始まり、「修祓の儀(しゅばつのぎ)」と呼ばれるお祓い、祭詞奏上、玉串奉奠などがあります。
斎場祭後は「出棺祭」「火葬祭」「帰家祭(きかさい)」、仏式の精進おとしにあたる直会が行われます。
なお、神式では仏式で用いる数珠は使いません。お悔やみを述べる時も「冥福」「成仏」「供養」などの仏教用語は使わないようにします。
 

玉串奉奠の作法

通夜祭や葬場祭では、玉串奉奠が行われます。玉串とは、榊の枝に紙垂(しで)という白い紙片をつけたもので、これを祭壇に捧げて故人の霊が安らかであることを祈ります。
1.斎主に一礼し、玉串を受け取る。右手で根元を上からつまみ、左手で枝先を下から支えるようにして受け取る
2.受け取った形のまま玉串を目の高さまでおしいただき、根元が手前に来るように右回り(時計回り)に90°回転させる
3.左手を枝先に移動して、持ち手を変える
4.180°水平に回して根元を祭壇に向け、玉串を玉串案と呼ばれる台へ置く
5.数歩退き、しのび手で二礼二拍手一礼を行う。遺族に一礼してから下がる。
 ⇒音を立てない拍手のことを「しのび手」といい、弔事の場合の拍手はかならず、しのび手で行います。
 
遺品整理・除菌消臭・特殊清掃などお気軽にお問合せ下さい。
【お問合せ先】電話0120-594-927
遺品整理・特殊清掃 HP:https://ihin.osigotonin.jp/
生活支援サービス HP:http://www.oh-sigotonin.jp/
【対応地域】:福岡県全域・佐賀県全域・大分県全域・熊本県北部(離島除く)
【主な活動地域】
福岡県小郡市・福岡県福岡市・福岡県久留米市・福岡県筑紫野市
福岡県太宰府市・福岡県大牟田市・福岡県大野城市・福岡県春日市・福岡県朝倉市など…

お問合せはこちらから