遺品整理士のミタ

ものを処分しても思い出はなくなりません

思い立っても何から手をつけていいのかわからない方もいるでしょう。 暗く捉えず自分の死後の整理ではなくこれからの生活のための整理という気持ちで取り組み 懐かしい思い出に浸りながら片づけると人生の振り返りにもなり楽しみながら …続きを読む

生前整理を楽しみながら

長年使用した家財道具の必要・不必要の判断は難しいものですが元気なうちになるべく不用品は処分して 身辺だけでなく気持ちも軽やかにして新しい生活を楽しみましょう。 遺品整理・除菌消臭・特殊清掃などお気軽にお問合せ下さい。 【 …続きを読む

生前整理は身の回りの整理

以前は財産等の身辺整理が中心でした。 しかし近年は、人生の節目の後に新しい生活を快適に過ごすための整理が注目されるようになりました。 核家族化や高齢化が進み、遺された親族が遺品整理を行うことによる負担は増加していますので …続きを読む

生前整理は終活のひとつ

「終活」これは人生の終わりの為の活動の略で、人生を最期を迎えるにあたって行うべきことを総括したものです。 当初は人生の終焉に向けての事前準備という意味で使われていましたが昨今は人生の最期を考えることを通じて 自分らしく生 …続きを読む

生前整理の大切さ

生前整理することの大切さを本人も家族も再確認する事が重要です。 今後の人生を快適に過ごすためにするのが「生前整理」です。 財産をまとめ、不用品を処分することが遺された家族への負担を減らすことにもなります。 遺品整理・除菌 …続きを読む

日頃からのコミュニケーションが大切

遺品整理は遺品として形見や財産の一部を受け継ぐことでもあります。 親御さんや身内の方が元気なうちにご相談されておくのがいいでしょう。 日頃から電話や訪問などでコミュニケーションをとっておくことで万一のことがあった後に困る …続きを読む

受け取る側への意思表示

遺品を遺して旅立ってしまう立場にある場合、遺される家族のために整理についての遺志を伝えたり、贈与契約書等の書面に遺したりすることが大切です。 贈与契約書の作成は公正役場、弁護士、行政書士に相談することをお勧めします。 遺 …続きを読む

エンディングノートの活用

エンディングノートとは人生の最終章を迎えるにあたり、ご自身の思いや死後の希望を遺された家族が困らないように想いを伝えるためのノートです。 他界した後「葬式」「書類の場所」「家財道具の整理」など生前に話し合ってないと遺され …続きを読む

空き家を放置していると・・・

一軒家に限らずマンションの場合でも空き家のままにしておくと様々なリスクが発生してしまい、ご近所に迷惑をかける事にもなりかねません。 塀が崩れそう、倒壊しそう、不審者が出入りしている、放火、景観上見苦しい、異臭、大量の虫が …続きを読む

早く決断して動く

日々の仕事や家事に追われていると時間や費用を用立てるのも大変ですが遺された人が決断して動かないと片づけるべき家は片づけることはできません。 賃貸の場合は家賃や光熱費等の問題もあります。 遺品整理は供養に繋がると心得て早め …続きを読む

今すぐお電話!