遺品整理士のミタ

遺品整理のトラブル実例 2 対策!

遺品の市場価値をあらかじめ確認しておく それでは、不当買取にはどのような予防策があり得るでしょうか。 そもそも、ご遺族が故人の遺品価値を正しく認識していないことが、遺品整理業者の不当行為を許してしまう温床です。 そこで、 …続きを読む

遺品整理のトラブル実例 2

~不当買取の被害に遭う~ それなりに市場価値がある故人の遺品を、市場価格よりも大幅に安い金額で、ご遺族から不当に買い取るもので、このケースもありふれたトラブルになります。 遺品整理業者もボランティアではなく、ビジネスとし …続きを読む

遺品整理のトラブル実例 1 対策

高価なものはないかどうかチェック このようなトラブルを避けるためには、ご遺族はどうしたら良いでしょうか。 ズバリ、遺品整理業者に依頼する先立ち、ご遺族で高価なものや現金が遺されていないかを確認し、発見したら別途保存して、 …続きを読む

遺品整理のトラブル実例 1

ケース1. ご遺族が知らない貴金属類や現金を無断着服される 故人のタンスや机の中の遺品には、高価な貴金属類や腕時計、タンス預金などが時折存在しますが、ご遺族がそれらの存在を知らないことも少なくありません。 残念なことです …続きを読む

物を処分することがよりよい終活につながる!

「終活」という言葉もブームになり「よく生きることは、よく死ぬことだ」なんて言われています。 しかし多くのお年寄りは、物を捨てるのに積極的ではないようです。 たぶん、「自分が物を持ちすぎている」という自覚があまりないのです …続きを読む

遺品整理はこんなに大変

親を見送った人たちは、口をそろえて「遺品整理がとっても大変だった」と言います。そうだと思います。今の70代、80代の人はものすごくたくさん物を持っているんじゃないでしょうか? 今のお年寄りが、30代、40代だったときは、 …続きを読む

なぜ生前整理をしたほうがいいのか?

なぜ生前整理をしたほうがいいのか? その理由は2つあります。 1.生前整理をしないとすべて遺品整理にまわり、遺族がとっても苦労するから 2.自分で生前整理をすることが、よき終活になるから シンプルに考え行動することが一番 …続きを読む

孤独死とどう向き合うか 3

自治体・民間の連携 -孤独死防止に向け、効果的な見守りサービス態勢を社会的に、地域的に構築していく ためにも今回のレポートを参考にしてほしい。 昨今は、居室内で住居者の動きを把握するセンサーでの見守りサービスや、高齢者へ …続きを読む

孤独死とどう向き合うか 2

若年層・壮年層対策 -世の中的には「孤独死は高齢者問題」との認識だが、実際は20 歳~40 歳の層、 特に女性にも注意が必要。 近年はスマホの普及により、気軽にSNS、ライン、ショートメッセージ等のやり取り ができるよう …続きを読む

孤独死とどう向き合うか 1

年齢と病気 -孤独死する方は、思ったより若くして亡くなっている。(平均60 歳)死因の6 割は病死。 国立循環器センターの調べによると心筋梗塞の発症平均年齢は男性65 歳、女性75 歳 であるとされており、病気のリスクも …続きを読む