遺品整理士のミタ

電化製品のリサイクルと法律

電化製品のような大きな品は、処理も大変になります。まず遺族に引き取り手がいるかどうかを確認し、いない場合は、まだ使えそうな物をリサイクルに、使えなさそうな物はごみとして処分する。まずこの仕分けを行います。 ここで把握して …続きを読む

貴金属、宝飾品はまず査定

指輪、ネックレスといった貴金属、宝飾品はまずプロに査定を依頼することをお勧めします。 その理由は、これも高価なものになれば相続問題に関わってくるからです。法的トラブルはできるだけ避けるため、まずは遺品の価値を把握しておき …続きを読む

遺族が引き取るのは「本当に必要なもの」

まず家の整理を行う際、大部分は処分することが前提となります。 「あったほうがいいかな」と思って残しておいた遺品は、そのまま使うことなく置き場に困ったり、結局は処分することになるケースがほとんど。 残すものは、明確に使い道 …続きを読む

遺品を4つのカテゴリーに分ける

次に整理のポイントとなるのは、上記の貴金属類なども一部含まれますが、家具や家電など。その分け方は次のとおりです。 ・遺族が引き取るもの ・査定を依頼するもの ・リサイクルに回すもの ・ごみとして処分するもの 遺品整理・除 …続きを読む

貴重品の探し方

タンスの引き出しに衣類が詰まっている場合、ほとんどは一気に取り出し、片付けてしまうことでしょう。 本棚も同じです。本が多いと、流れ作業で段ボールに詰めていくかと思います。 しかしこのような場所、引き出しにしまっている衣服 …続きを読む

貴重品を探す理由

これらは相続や権利関係に関わるものでもあり、また年金の受給や公共料金の支払い状況なども早めに確認しないと、トラブルの要因になるものばかりです。 同時に、最初にこれらを探したほうが望ましい理由がもうひとつあります。 それは …続きを読む

貴重品の種類・・・

「貴重品」にはどんなものがあるのか、主要なものは次のとおりです。 ・印鑑 ・銀行の通帳、キャッシュカード ・年金手帳や年金に関する書類 ・生命保険、損害保険など加入している保険に関する書類 ・土地や家など不動産の権利関係 …続きを読む

まずは貴重品から

ここで言う「貴重品」とは、法的な対応が必要となってくるものを指します。 法律が関わってくるものは、届け出などの期限が定められていることが多いので、早く対処することが重要です。 遺品整理・除菌消臭・特殊清掃などお気軽にお問 …続きを読む

遺品整理を進めるうえでの仕分けのポイント3

一般的な片付けとは異なり、遺品整理は分別・清掃のあとにも様々な作業が控えており、遺品整理ならではの分別方法、「仕分け」というものが存在します。 まず遺品整理のために何を探し、何を処分し、そのために段ボールをどう分ければい …続きを読む

遺品整理を進めるうえでの仕分けのポイント2

とにかく遺品を段ボールに積めていく、といった方法は最もやってはいけないことです。 しっかり整理して分別しておかないと、後々遺品のなかで何か必要なものがあっても、再度探す時間と労力がかかります。 その手間を考えた場合に、最 …続きを読む